施術による痛みの改善例です。ここに記載されていない、症状も勿論対応出来ます。

痛みやコリ以外でも病気の後遺症で歩きにくいなど、動作が困難な方も対応出来ますので、お気軽にご相談ください。

*診断名は病院にて診断された病名です。


膝の痛み

診断名/変形性膝関節症

年齢82

性別/女性

症状/二週間前から膝を伸ばしたり、体重をかけると膝の内側が痛い。

施術部位/腰の関節および股関節

原因/膝の痛みの多くは腰の関節がしっかりと動いていない事です。本症例は腰の動きに伴い股関節の動きも硬くなっていた事で、膝に負担がかかり痛みが生じていました。

 

腰の痛み

診断名/腰部脊柱管狭窄症

年齢72

性別/女性

症状/以前からお尻から足にかけて常に違和感があり、痛みが強くて歩けない事もある。

施術部位/腰の関節

原因/脊柱管狭窄症に限らず、ヘルニアなどで神経が圧迫されて痛みが出ているとは限りません。本症例は腰の関節(腰椎13番目および腰椎と骨盤を繋ぐ関節)が動いていませんでした。それにより足先まで痛みやしびれが生じていました。

 


肩の痛み

診断名/肩関節周囲炎

年齢72

性別/男性

症状2年前から肩を動かすと痛く、夜寝ていても痛い。整体に行っても治らない。

施術部位/腰の関節、肋骨の関節

原因/肩の動きは背骨・肋骨・鎖骨と多くの関節が密接に関与します。特に重要なのは背骨と肋骨を繋ぐ関節です。本症例はこの肋骨の動きが悪かった事で、肩から腕まで痛みが生じていました。

 

首の痛み

診断名/頸椎捻挫

年齢22

性別/女性

症状2週間前に事故してから、肩甲骨にかけて痛い。首をまわすと引っかかる感じがする。

施術部位/腰・肋骨の関節

原因/交通事故などにより頸椎捻挫と診断されていても、その痛みの原因は腰や肋骨の関節の動きの悪さによるものがほとんどです。本症例も腰と肋骨の動きが悪かったために、肩から首回りに痛みが生じ、筋肉が張っていました。

 


顎の痛み

診断名/顎関節炎

年齢46

性別/女性

症状23週間前から口を開けたり、物を嚙んだりすると痛い。

施術部位/首の関節

原因/口を開けたりする時に動くのは顎関節ですが、その運動の軸は首の関節の23番目にあります。つまり、首の関節がしっかりと機能していないと、口の開閉が困難となります。本症例も首の関節が機能していない為に、口の開閉で痛みが生じていました。

 

頭痛

診断名/なし

年齢83

性別/女性

症状3日前から激しい頭痛で夜も寝られない。神経内科受診するも異常は無いため、鎮痛剤を処方されるも痛みが治まらない。

施術部位/首の関節

原因/頭痛の多くは緊張性頭痛と呼ばれるものです。つまりは肩凝りなどが原因で引き起こされた頭痛となります。肩凝りの原因は肋骨の関節や首の関節の異常に伴うことがほとんどで、本症例は首の関節の23番目がしっかりと動いていないために頭痛が生じていました。

 


肘の痛み

診断名/テニス肘

年齢50

性別/女性

症状/2か月位前から物を持つと肘が痛くて、じっとしてても痛い。段々痛くなってきている。

施術部位/肋骨の関節

原因/腕から手にかけて、どの部分における痛みにおいても肋骨の関節が原因になっている事が多いです。本症例は2・3番目の肋骨の動きが悪くて肘に痛みが生じていました。

 

ぎっくり腰

診断名/病院への受診なし

年齢40

性別/女性

症状/1時間くらい前に洗い物をしていたら腰が痛くて動けなくなる。

施術部位/腰の関節

原因/ぎっくり腰は、腰の骨と骨盤を連結する腰仙関節と呼ばれるところの捻挫です。ほとんどの症例がふとした動作の時に発症しています。時間が経つと炎症が起き始め、2~3週もすると自然に緩解しますが、今回のように受傷直後に施術をしますと早期に改善します。本症例は腰仙関節の動きを戻すことで痛みは残るも動作は可能となり、翌日にはかなり改善しました。施術なしで自然緩解したとしても、動きにおいては硬いままになってしまうことが多く、それが原因で再発を繰り返すので、いずれにしても一度施術による動きの改善を行う必要があります。